Junko Imada


Born in 1971 in Kumamoto, Japan, Imada begins at the early age of two to take lessons of classical music, piano and singing.
In 1994 she received the Bachelor degree of Fine Arts from the University of Kumamoto. In 1996 she received the master degree of pedagogy of art from the University of Kumamoto. In 1997 she received a scholarship and moved to Milan, Italy. In 2003 she graduated in Sculpture at the Academy of Fine Arts of Brera in Milan.
In 2008 she received a grant from Pollock-Krasner Foundation of New York, U.S.A.



- solo exhibitions -

2012 "Junko Imada Exhibition" kamitoori, Kumamoto, Japan
"Junko Imada - WORKING IN PROGRESS" art space BAKU, Fukuoka, Japan
"Junko Imada ExhibitionⅡ" kamitoori, Kumamoto, Japan
2011 "Junko Imada" gallery MAP, Fukuoka, Japan
"MOTHER" art space BAKU, Fukuoka, Japan
"Junko Imada" TUNAGHI Museum, Tunaghi Japan
2010 "Junko Imada" collection OMO gallery, Kumamoto, Japan
2009 Museum of Contemporary Art CAMK GⅢ gallery, Kumamoto, Japan, curated by Haruko Tomisawa
2008 "Junko Imada" Bruna Soletti Arte Contemporanea, Milano, curated by Guido Barbato
Museum of Modern and Contemporary Art, Gazoldo degli Ippoliti, Italy, curated by Paola Artoni,Antonella Gandini - catalogue
Realization of "Circus of peace" , Park of Foundation Cremonesi, Farfa (Rieti)
2006 "Giraff. Colinnè. Pallina rossa.", Galleria Spaziotemporaneo, Milan, curated by Angela Madesani - catalogue
1° Simposio Internazionale d'Arte, Prignano, Italy. Realization of "SPACE LOVE" curated by Davide Scaravelli - catalogue
"Junko Imada" , Naviglio Modern Art, Milan
2005 "JOY" Bruna Soletti Arte Contemporanea, Milano, curated by Guido Barbato "BIRTH" Morgana edizione, Florence, curated by Alessandra Borsetti Venier
"UNION" with PROMART, Noarna Castle, Rovereto, curated by Valerio Dehò - catalogue
"Disseminazioni" Satura Associazione Culturale, Genova, curated by Miriam Cristaldi ‒ catalogue

- group exhibitions -

2012 "kita mita kumamoto" Museum of Contemporary Art CAMK, Kumamoto, Japan
2011 gallery MAP, Fukuoka, Japan
"haruno ashioto" Museum of Contemporary Art CAMK, Kumamoto, Japan
2010 KOBAI ART AWORD, gallery space kobai, kumamoto, Japan, curated by Hiroshi MInamishima and Aoi Okabe
2009 MiArt with Galleria Spaziotemporaneo, Milan
Art Verona with Galleria Naviglio, Milan
Galleria Naviglio, Milan
"incoerenza", Galleria Naviglio, Milan
2008 MiArt with Galleria Spaziotemporaneo, Milan
2007 MiArt with Galleria Spaziotemporaneo,Galleria Bruna Soletti, Milan
"Allarmi 3", Caserma de Cristoforis, Como, curated by Alessandro Trabucco
- catalogue
"20eventi" Contemporary Art in Sabina (Second prize )
"Show window/bookshop" Museum of Contemporary Art, House of Consul, Calice Ligure, Italy
2006 ARTURO Art Fair with Galleria Excalibur, Florence
"No Parachute - pink" Artendgallery, Milan, curated by Licilla Saccà
MiArt with Galleria Spaziotemporaneo, Milan, Galleria Excalibur, Florence
"Fuori è un giorno fragile" Imbiancheria del Vajro, Chieri, Italy, curated by Lorena Tadorni and Karin Gavassa - catalogue

今田 淳子

(いまだ じゅんこ ・ 現代美術家)
1994年国立熊本大学教育学部美術科卒業。
1996年国立熊本大学大学院教育学研究科美術教育専修(修士課程)修了。
1997年渡伊。
2003年伊ミラノ市ブレラ美術大学彫刻科卒業。
2008年ポロック財団助成、ニューヨーク市、アメリカ
2010年帰国。

個展(2006年以降)
2012年JunkoImada Exhibition,上通アーケード、熊本市、アートワークショップ有
今田淳子個展—ワーキングインプログレス、ART SPACE 貘、福岡市
今田淳子展 vol.2 ,上通アーケード、熊本市、アートワークショップ有
2011年今田淳子展 いのちのかたちと空間、つなぎ美術館、津奈木町(熊本県)
住民参画型ワークショップ"AKASAKI海想日誌"全6回ファシリテーター,赤崎小学校、津奈木町(熊本県)
今田淳子展、ギャラリーマップ、福岡市
MOTHER2011‐今田淳子個展、ART SPACE 貘、福岡市
2010年今田淳子展‐JOY 歓喜vol.2、コレクションOMOギャラリー、熊本市
2009年今田淳子展 熊本市現代美術館GⅢ、熊本市、キュレーション:冨澤治子、カタログ有、一般・子供向けワークショップ有
2008年"Junko Imada"、MAM美術館、マントヴァ、キュレーション:パオラ・アルトーニ、アントネッラ・ガンディーニ、カタログ有
2006年"Giraff. Colinnè. Pallina rossa."、スパツィオテンポラーネオ、ミラノ、キュレーション:アンジェラ・マデザーニ、カタログ有
"Junko Imada"、ナヴィリオ・モダン・アート、ミラノ

グループ展・見本市(2007年以降)   
2010年香梅アートアワード二人展 アートスペース巡回展、熊本市
選考:南嶌宏、岡部あおみ
2009年美術見本市 MIART 2009 (スパツィオテンポラーネオより出品)
美術見本市verona 2009(ナヴィリオ・モダン・アートより出品)
グループ展 ナヴィリオ・モダン・アート、ミラノ
"incoerenza"、ナヴィリオ・モダン・アート、ミラノ
2008年美術見本市 MIART 2008 (スパツィオテンポラーネオより出品)
2007年美術見本市MIART 2007(スパツィオテンポラーネオ、ギャラリア・ブルーナ・ソレッティ・コンテンポラーネアより出品)
"allarmi 3"、クリストフォリス兵舎、コモ、キュレーション:アレッサンドロ・トラブッコ、カタログ有
"20eventi"、アルテ・コンテンポラーネア、サビーナ、「子供の公園コンクール」次席受賞
現代美術領事邸美術館への展示、カリツェリーグレ、サヴォーナ
美術見本市verona 2007(ナヴィリオ・モダン・アートより出品)
ギャレリア・ハウスマン、コルティーナダンペッツオ

主な野外彫刻、公園、その他
2011年《沸き立ついのち》、熊本市通町筋上通エントランス上部
2008年《チルコ・デラ・パーチェ/平和のサーカス》、クレモネーゼ財団公園、ファルファ、リエーティ市
2006年《スペースラブ/宇宙的愛》、プリニャーノ、モデナ市
1999年《コンポジッツィオーネ・デル・インヴェルノ/冬の構成》、リマ財団、ミラノ
1997年《小さな唄》、瀬戸病院、山都町
1996年《翠の風》、湧心館高校、熊本市
1994年《早春賦》、彩雲苑、山都町

絶え間ない祈り 2008年10月

深刻な不況に生きる厳しい現実の中、現在の私の作品は4歳の娘と過ごすいとおしい毎日の小さな幸せから生まれる。 -大好きなママのためにせっせと積み集めてくれた小さなマーガレットの束を手に帰る家路、一緒に作る不揃いなニョッキの夕飯、毎朝決めるお下げ髪の飾り、田舎で見上げる星空…-複数の苦痛と悲しみの後に勝ち取った内面の平和の上に広がる純粋でけがれのない世界である。
2001年から手がけているポリエステルフォームに幾万個のオブジェを縫い閉じ込めてつくるインスタレーション作品。いつの日かそれは新しい生命誕生を待つ母の祈り、無限なる未知のいのちへの信念、護るべき未来につながる毎日への責任と希望を、流れる歳月と共に閉じ込める日誌となった。
新しい命の誕生は私にいわば生まれ変わりのチャンスを与え、幼少期のリ・プレイボタンを押させることになった。彼女と毎日作る色とりどりの粘土のオブジェは彼女の笑顔や時に発する歓声や泣き声のようにメロディーを奏で、記憶・深層の限りない純白のフォームに舞い溶け込む。私のスペースに浮遊する音符たちは私のとどまる場所場所で再構成され、戸外の緑の木立の中、ときには古い城の歴史の中で、平和の存続をかけるシンフォニーに、ときには晴れやかな凱旋曲になる。


Milan, November 24th 2008

After my arrival in Italy my work had become lighter and lighter, assuming a more pictorial form or rather being a temporary installation. Now I would like to realize several "sculptural" projects combining different materials such as bronze, drapery, wood etc. The impulse/idea to these projects I got from diverse drawings of my daughter.